血液がねばねばになった時

蚊はどうして存在しているのでしょうか。かゆみさえ残さなければ、思う存分吸ってくれても構わないと思います。

昨日の晩、足のくるぶしを蚊に咬まれました。いつものように激しく掻き続けていると、患部から出血し出しました。すぐに止まるだろうと思って放置しておくと、血が一向に止まりません。

あれっと思って、手でぬぐってみて、愕然としました。血液の状態は、

どろどろ。

しかも、手についた血は黒ずんでおり、手についた血は、

ねばねば。

空気に触れて乾燥すると、

パリパリ。

数分、待つと出血は止まったが、気分は、

おちおち。

私の部屋にはネット環境が無いため、その日は、すぐに風呂に入り眠りにつきました。
翌日、ネットで調べました。

どろどろの血液の原因は、赤血球が飽和状態、停滞状態になっているため、だそうです。
原因はいくつかあるようでして、

1過度のストレス
2過度の飲酒による水分不足
3血管が細くなっている
4食べすぎ
5運動不足
6糖分・塩分の取りすぎ

私の生活習慣をかえりみた場合、考えられる原因は、

1過度のストレス
6糖分・塩分の取りすぎ

もちろん、3の血管が細くなっている可能性も否めないが、こればっかりは分かりません。

そして、症状は段階的に、レベル5まであり、

レベル1 血が止まりにくくなる
レベル2 一日中頭が重い、ぼーっとしている
レベル3 7時間寝ても、寝た気がしない
レベル4 片目が見えなくなる
レベル5 100メートル歩くと足が痛くなる

現在は恐らく、レベル1だと思います。

この記事を読んで、思わず蚊に感謝しました。いや、蚊を地上に創造してくださった神様に感謝しました。早期発見が遅れ、もし、どろどろの血液状態を放置していたら、悪化し、さらに動脈硬化が進み、心筋梗塞、脳梗塞に至っていた可能性があったかもしれません。

まだレベル1なので、今から改善することはできます。ストレスを感じているか否かは、自分では分からないので、とりあえず、糖分・塩分を控え、果物を取るようにすることにしました。

神が造られたものはみな良い物で、感謝して受けるとき、捨てるべき物は何一つありません。

カナンの地は今日も輝いています。