ポスト・アヴリルラヴィーン!クリスタル・マイヤーズ!

ポスト・アヴリルラヴィーン

クリスタル・マイヤーズ(Krystal Meyers)はアメリカのカリフォルニア州出身のクリスチャンロック歌手です。日本でもキリスト教界隈以外でも相当人気があり、ポスト・アヴリルラヴィーンと言われていたほど影響力の大きいアーティストです。ロックテイストが強く、素晴らしい歌唱力を持っており、歌詞はほぼすべてキリスト教信仰のことだけを歌っています。2歳の時に家で歌を歌い始め、5歳の時に教会でソリストとして歌を歌います。最初に曲を書いたのは10歳のころだそうで、のちにEssential Recordsと契約し、2005年にわずか17歳でデビューします。

Crystal Meyers
Essential Recordsとはアメリカの超大手クリスチャン系レコード会社です。有名どころでBuilding 429、Third Day、Leelandなどが属しています。

わたしがクリスタル・マイヤーズを知ったのは確かクリスチャン新聞で連載されていたクリスチャンバンドを紹介するコーナーだったと思います。当時、19歳だったわたしは教会に置かれていたクリスチャン新聞を隅から隅まで読んでいたのです。その時読んだ記事の内容の記憶を呼び覚ましますと、彼女は確かクリスチャンの家庭で生まれ育ちます。そして、決定的にイェス・キリストに出会う体験をします。彼女は家に帰ってくるとお母さんに、「ママがずっと言っていたイェス様に出会ったの!」と非常に興奮して話したそうです。

それから、彼女はロックを通じて、イェス・キリストに出会った体験を表現していくことになります。彼女は基本的にすべての曲を自分で作詞作曲しています。

Crystal Meyersのポイント(完全なる主観)

リリースしたアルバムについて

クリスタルがリリースしたアルバムは全部で3枚あります。いずれもキリスト教界においても、一般音楽業界においても非常に評価が高いです。

ファーストアルバムに収録されている「Anticonformity」はビルボードと阪神コンテンツリンクによる Japan Hot 100で、なんとRed Hot Chili Peppersをさしおいて1位に輝いています。また、アメリカのクリスチャンチャートでは「The Way to Begin」が1位を獲得、同アルバムに収録されている「My Savior」は8位、「Fire」は9位と凄まじい評価を獲得していきます。

日本でリリースされるにあたり、「Anticonformity」は「絶対自分主義!」という、いかにもキリスト教信者が嫌いそうな翻訳になっています。反同調との意味ですので、「わたしはクリスチャンとして生きる。だからこの世とは同調しない!」という訳のほうが正しいような気もしています。わたしはクリスチャンホームとして育ち、クリスチャンとしてのマイノリティーなアイデンティティを持つことに自信がもてない時期(特に思春期)がありましたが、彼女のような生き方にすごく励まされました。

楽曲について

イェス・キリストが約束していた聖霊の火のことをパンクロックなサウンドにのせて歌った曲です。聖霊に満たされる時、景色が美しく見え、また自分自身が聖霊の火によって燃やされることによって、イェス・キリストの御名が高く掲げられることを歌っています。

Krystal Meyers
Fire


ここをクリックすると歌詞が見れます
(一部抜粋)

You make light from dark
Illuminate my heart
It started with a spark
And now I’m consumed
I know that it’s your will
So I’m gonna shine until
I’m a city on a hill
And they can see you

And know you
And know you inside

You set me
You lit me
I’m on fire
What a beautiful sight to see
I’m on fire
Until my light is burning bright
I’m gonna lift your name and let this flame get higher
Fire

あなたは闇から光を起こし
わたしの心を照らす
火花が弾け始める
私は燃やされる

あなたの御思いを知っている
だから、輝きたい
丘の上にある街に立ち
あなたを見るまで

あなたを知っている
そして、あたなはわたしの心の内を知っている

火をつけ燃やしてください
なんて美しい景色なのだろうか
燃やされるとは
わたしは御名を高く掲げ
高く上げられるように 火よ


この曲は激しいパンクロックの曲とは一転、ワーシップ的なイェスキリストの美しさを褒め称える曲になっています。祈りの中でイェス・キリストとの静かな交わりの中で感じる豊かさと昨日も、今日も、永遠に変わることのないキリストの美しさを歌っています。
Krystal Meyers
Hallelujah


ここをクリックすると歌詞が見れます
(一部抜粋)

Close my eyes
Falling on my knees
The hope that’s inside
An overwhelming peace
As time’s slowing down
Your soft spoken words

On my heart left a stain
Though no one’s around
And everything’s broken
Your beauty remains
And I realize the reason You came

Hallelujah
Hallelujah
Hallelujah

目を閉じる
膝の上に落ちる
希望は心のうちに
圧倒的な平和が

時間が減速し
あなたの優しい言葉が
私の心に深く残ります
周りは誰もいなくなり
すべてが壊れても
あなたは美しいままで
あなたが来られた理由をさとります

ハレルヤ
ハレルヤ
ハレルヤ

2008年以降について

2005年17歳で衝撃のデビューののち、2008年のアルバムを最後に活動を停止します。どうも以前より、普通に家庭をもって子供を産みたいと公言されていたようで、ほぼ引退していると考えていいようです。公式Twitterも2009年から更新がありません。

日本人ファンでも事実上の引退を惜しむ声があるようです。アヴリル・ラヴィーンよりクリスタル・マイヤーズのほうが好きというファンも日本には多いようです。

最後はそんな惜しまれている彼女の一番人気の曲「Anticonformity」(世俗と同調しない!※平野訳)をご紹介して終わります。自分は聖書の価値観に基づき、イェスのようにキリスト者として生きる。そして、その価値観がこの世の中と合わなくても、私は決して同調しない。私はキリストとともに生きるという思いを歌っていると思います。訳はコチラのブログの和訳を参照しています。

Krystal Meyers
Anticonformity


ここをクリックすると歌詞が見れます
(一部抜粋)

It’s all around
Pressure from my so-called friends
It’s all around
I’m measured by some stupid trend
It’s all around
Everyone is just like them
It’s all around
It’s all around
It’s all around

[Chorus] So I’m anticonformity
I don’t try too hard to be
I’m not what you think you see
Inside I’ve made a change
And I’ll never be the same
NO WAY!

They conform
Un-individuality
They conform
Forget about variety
Yeah they conform
They don’t know what they believe
They conform
They conform
They conform

まわりのすべてが
いわゆる友達からのプレッシャー
まわりのすべてが
バカなトレンドによって評価されている
まわりのすべてが
みんな彼らのように
まわりのすべてが
まわりのすべてが
まわりのすべてが

(Chorus)
だから私はこの世と同調しない!!
何かになろうと頑張ったりしないの
私はあなたが思ってるのとは違うわ
中から変わったから
決して同じではいられない
冗談じゃない!!

みんな従っている
非個性主義に
みんな従っている
多様性なんか忘れてしまっている
みんな従っている
何を信じているかわからずに
みんな従っている
みんな従っている
みんな従っている

参照リンク